• 保険のご案内
  • お悩みから保険を探す
  • 東京海上日動代理店 フレンドシップの特徴
  • よくある質問
  • 会社案内
新着情報

海外からの技術研修員来日お出迎え

2015/01/31

平成27年1月を迎え多くの海外からの研修員の来日がありました。自国から長いフライトを終え、無事到着された方々へ笑顔で接しお出迎えいたしました。「Wellcome to Japan」「Thank you very mauch」
(写真:日本航空サテライト風景)
お問い合わせ先 電話03-5425-1415 E-Male info@friendship-co.jp

地震保険料 値上げ見送り ~南海トラフ予測で影響小~

2014/11/05

住宅向けの地震保険の保険料を決める「損害保険料率算出機構」が、南海トラフ地震の最新の発生予測を検討した結果、「保険金支払見込み額が小幅な増加にとどまる」として保険料の値上げを見送りました。
 地震保険料は、7月に全国平均で15.5%値上げされたばかり。年内に公表される首都直下地震の発生予測次第では、2016年度に再値上げされる可能性もあり、2015年度の値上げを見送ったことで、3年連続の値上げは回避されそうです。
 機構は、2016年度以降の保険料値上げが必要か、2015年度に改めて判断する方針。機構が、今回の値上げを見送った背景には、「2016年度も値上げの可能性があり、3年連続の値上げになるのは望ましくない」との金融庁の意向もありました。
 住宅向け地震保険に加入するには、火災保険とセットで契約する必要があります。2013年度に火災保険に加入した人の58.1%が地震保険にも加入しましたが、世帯加入率は27.9%にとどまっています。

米国でエボラ出血熱「補償外」の保険会社が増加、日本の保険会社は?

2014/11/05

☆広がるリスク
 西アフリカでのパンデミックは、欧州や北米に飛び火し、10月28日付の外務省「海外安全ホームページ」によると、西アフリカ3カ国(ギニア、リベリア、シエラレオネ)でのエボラ出血熱症例は、10月25日付のWHOレポートで、死者4,913人、感染者数10,115人に上ると発表された。スペインやアメリカの医療関係者の二次感染も報告されている。ウイルス感染者が潜伏期間を保ったまま、国外に流出することで二次感染が広がるリスクがある。現段階で治療法が限定的なので、感染リスクを食い止める手立ても限定的です。

☆感染者の衝撃的な治療金額
 各国政府当局の対策が報道される中、米国のシカゴ・トリビューン紙が、10月7日、一患者の治療費に焦点を当てた衝撃的なレポートを掲載しました。
 アメリカ初のエボラ出血熱発症者となった、トーマス・ダンカン氏は、テキサス州ダラスで9月28日に隔離治療を開始、10月8日に終了しました。治療内容は、人工呼吸器、試験薬投与、腎臓透析から、流体交換、輸血、そして血圧維持薬までと幅広く、さらにエボラ汚染廃棄物処理、看護婦を安全防備するための機器と、そのセキュリティなどにも及んだ。ワシントンの保険コンサルティング会社の最高経営責任者のダン・メンデルセン氏が、その治療費用を推定したところ、金額は1時間に1,000ドル、1日当たり18,000ドル(約205万円)に上った。そして、たった10日間の治療総額は、50万ドル(約5,700万円)に達しました。

☆保険会社が「正常」なら、免責条項
 10月22日、ロイターは、英米の保険会社はリスク回避として、エボラ出血熱を普通保険約款の適用除外としたと報じました。
 米国保険大手エースは、10月22日、企業契約で加入している従業員向けの保険について、ケースバイケースで、補償範囲からエボラ出血熱を除外していると発表。これに追随するかのように、急遽、約款改正を行う保険会社が続出しています。
 東京海上日動火災保険では、エボラ出血熱での治療や死亡でも、海外旅行傷害保険の適用範囲と約款に提示しております。ただし、帰国日を含め30日以内の場合に限りますが、これは他の日本の損害保険会社でも同様であり、現時点では、日本には、免責事項に移行しようとする保険会社はありません。
 ここに、日本と英米の保険会社の違いをよく知ることができます。健康保険制度が根底にある日本では、補償外とはならないのに対し、アメリカは自由診療の国であり、民間の保険や組合健康保険、あるいはキリスト教徒の慈善保険などに加入していなければ、医療費が捻出できずに治療が受けられない可能性が高いのです。
 日本の場合、生損保ともに、たとえ免責条項があったとしても、適用せず保険金の支払いを行うケースが多い。10月3日、生命保険協会は、「噴火による死亡、怪我」は免責条項としてあるにも関わらず、御嶽山噴火火山関連の保険金支払いを宣言しました。
 日本の保険業界は、度重なる震災やパンデミックに対応することでしょう。日本の保険政策には、厚生労働省、金融庁、財務省などが携わっていて、保険業界は様々な監視体制が整っているので、心配ありません。

<< Prev Next >>
株式会社フレンドシップ