• 保険のご案内
  • お悩みから保険を探す
  • 東京海上日動代理店 フレンドシップの特徴
  • よくある質問
  • 会社案内
よくある質問

【海外旅行保険】今度、外国人の参加者が日本での研修で2週間くらい来日する予定です。
この外国人が契約できる海外旅行保険はありますか?

外国人の方が日本へご滞在される場合につきましては、次の条件を満たす場合に海外旅行保険のご契約が可能です。

  • (1)在留期間が3か月以内であること
  • (2)日本語がわかる方(日本在住のご親族や知人の方)がご契約者となり、日本国内にてお手続きいただくことが可能なこと。
    (その際に、訪日される方の在留資格と在留期間を確認させていただきます。)

【海外旅行保険】手続き完了までどのくらいの日数がかかりますか?

お申込み手続きにつきましては出発日の前日でも可能ですが、キャッシュレス・メディカル・サービス(東京海上日動提携病院 において自己負担なく治療が受けられるサービス)を受けるためには保険証券(または保険契約証)をご持参いただく必要があります。

お申込みから保険証券(または保険契約証)が届くまでに、通常1週間から10日ほどかかりますので、お早目のお手続きをおすすめいたします。(インターネット保険契約サービスでのお申込みの場合は7日ほどかかります。)

【海外旅行保険】本人でない者が代理で申込む際の注意点はありますか?

ご契約者様が、被保険者様の代理でお申込みの場合は、必ず被保険者様の同意が必要となります。

なお、「同意」とは、契約時にお申込書の「被保険者同意確認欄」または「被保険者同意確認書」にご署名いただき、保険付保の同意確認を行うことです。

また、ご契約者様が「法人、個人事業主」となる保険契約のうち、「被保険者:役員、従業員等」「保険金受取人:契約者である法人、個人事業主」である保険契約については、モラルリスク排除等の観点から、保険契約の目的、趣旨を踏まえて保険金額の引受基準を適切に運用することが、監督指針上求められるため、保険金額の設定につきましては弊社までお問い合わせください。

【海外旅行保険】会社で技術者を海外へ派遣することになりましたが、渡航先国の中に危険地域国が
含まれています。派遣員の渡航に際し、保険はかけられますか?

海外旅行保険では、戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似する事変は「戦争危険」に該当し、これらを原因とする損害については、保険金のお支払い対象とはなりません。

ただし、テロ行為(政治的、社会的、宗教的もしくは思想的な主義もしくは主張を有する団体もしくは個人またはこれと連帯するものがその主義または主張に関して行う暴力的行為をいいます。)を原因とする損害については、海外旅行保険の全契約に「テロを補償する特約(戦争危険等免責に関する一部修正特約)」が自動的にセット(割増保険料は不要)されていますので、保険金のお支払いの対象となります。

保険金の各補償項目において免責(保険金をお支払いしない事由)となっている「戦争危険」を復活して補償する場合は、条件付戦争危険担保特約を付帯し、行先の地域区分に応じた所定の割増(戦争危険担保割増)を適用することにより、海外旅行傷害保険のお申込みが可能となります。詳しくは、弊社までお問い合わせください。